一般歯科General Dentistry

一般歯科

- 一般歯科 -General Dentistry

一般歯科とは、主にむし歯の治療をはじめ、歯の根の治療(根管治療)、歯ぐきの治療(歯周病治療)、
歯の欠損部を補う治療(ブリッジ、入れ歯など)を言います。
当院では患者さまのお口の中の健康状態や治療方針を、しっかりした診査診断の元、患者様とのカウンセリングを行い、十分理解・同意の上で治療する事を心がけています。ストレスの少ない、一人一人に合わせた治療を徹底しています。

虫歯の進行について

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。
エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。

虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。

こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。
この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

C4

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。

このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。
ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

- 歯周病 -Periodontal Disease

歯周病、歯ぐきのチェック

日本人の多くは、虫歯ばかりを気にして、実は歯ぐきの状態の方が悪い人も多いのです。ずばり!日本人成人の8割は、歯周病です。歯はきれいなのに・・・、口が臭い、なんか最近歯ぐきから血が出る。むずがゆい・歯が浮くような感じがする・・・。歯周病は、大切な歯を奪ってしまうだけでなく、次のような全身疾患とも深い関わりがあることが既にわかっています。歯を失うだけでなく、歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、生命そのものへの影響もあるのです。
病気の原因を探していたら、なんとそれが歯周病だった…というケースも少なくありません。歯周病を甘く見ず、予防とともに早期治療に努めましょう。(心臓病・誤嚥性肺炎・糖尿病・嚥下障害摂食障害・認知症・不妊症・早産・低体重児出産)

こんな症状でお悩みではありませんか?
  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなった気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病の症状

軽度

軽度

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

中等度

中等度

炎症が深まり、顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度

重度

顎の骨が半分以上溶けています。歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因

歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の膜をプラーク(歯垢)と呼びます。このプラーク(歯垢)が歯周病の原因です。プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込んでいきます。
こうして歯茎のまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。
プラークは本来歯と同じ色なので見つけるのが困難です。ネバネバですが軟らかく歯磨きで取り除くことができます。取り除かないと、石灰化し始めて硬くなっていき、歯石がつくられます。
新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし進行していきます。

プラークとプラークによる歯肉の炎症

<プラークとプラークによる歯肉の炎症>
矢印の歯茎は、真っ赤に腫れ、その付け根には、白いネバネバのプラークがベットリです。

歯周病の治療

1.歯茎の検査

まずは歯周病の程度を知り、情報を集めければ、治療の計画も開始もできません。そのための検査をします。

2.清掃指導

清掃指導

歯ブラシの仕方の指導をさせていただきます。実は、これが一番大事ではないでしょうか。毎日の歯ブラシが何よりも大切です。歯ブラシの仕方を過去に習ったことがある人でも、年月が経てはいつの間にか、クセが出てきて、磨けるところ・磨けないところが出てきます。

歯ブラシの指導を行い、実施していただいた患者様の前後写真です。
頑張れば、歯ブラシだけでここまで綺麗になります。
写真の通り、虫歯がありますが、実は、歯ぐきの状態によって虫歯の治療の難しさが全然違います。
歯周病の歯茎は、触るだけで出血し、止血も困難です。
そのような状態では、虫歯の治療はできません。

歯ブラシの指導をするだけでここまで綺麗になりました。
この状態を維持できれば、その後の虫歯治療もより正確に行えます。

3.スケーリング

歯ぐきから見えている部分のプラーク・歯石を、除去する治療です。歯石は、歯ブラシではとれません。歯石は、歯周病菌の塊です。

4.歯ぐきの検査

保険のルール上、まずは歯肉より上に存在する歯石を除去したあと、再度、歯ぐきの検査をします。ここで、必要に応じて、ルートプレーニングに移ります。

歯石

歯ぐきから覗いている、黒い物体、これが歯石です。
黒くなく、乳白色をしているものもあります。

歯ぐきの中に入り込んで見えない歯石もあります。
そういう場合は、ルートプレーニングやフラップオペレーションによって、除去する必要が出てきます。

除去した歯石の一部です。石のように硬く、歯ブラシでは除去することはできません。

5.ルートプレーニング

歯ぐきの中の、目に見えないところに存在する歯石の除去を行う治療です。場合によっては麻酔をして行います。

6.歯ぐきの精密検査

再度、歯ぐきの状態を検査し、治療前と比べてどれだけ治癒に向かっているかを確認します。再度ルートプレーニングが必要か、もしくは、フラップオペレーションに移るか、終了してメインテナンスに移行するかを決める検査となります。

7.フラップオペレーション

歯ぐきの中の状態は目に見えません。場合によっては、麻酔を行い、歯ぐきを開いて、可視化して、歯石や不良歯肉を除去します。

8.歯ぐきの再検査

フラップオペレーションを行った後も、検査をして、治癒に向かっているか確認します。

9.メインテナンス

歯周病の状態が、治癒・もしくは安定した場合は、メンテナンス期に移行し、今後も定期管理をしていきます。
定期管理は個人差ありますが、3か月毎が目安となります。

MENU
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 予防歯科
  • 予防補綴
  • 顎関節症
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 上下顎印象法による究極の総入れ歯
  • ドイツ式入れ歯
  • 噛み合わせ
  • 保険診療と自費診療
  • 当院の大切なパートナー 歯科技工所のご紹介
  • 医院ブログ
  • Instagram
  • 求人募集について
GuidanceGuidance

恩田歯科クリニック

〒270-2261
千葉県松戸市常盤平5-25-11
TEL.047-386-6482

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

◎…土曜は17時まで
休診…木・日・祝
※受付時間は診療時間の30分前まで

AccessAccess
  • 恩田歯科クリニック 地図
  • Google MapへGoogle Mapへ
InformationInformation