小児歯科Pediatric Dentistry

小児歯科

- 小児歯科 -Pediatric Dentistry

歯科医院に慣れよう!そして“楽しい所”に変えちゃおう!

歯を磨く女の子

初めて歯医者さんに来たとき、お母さんも緊張しますよね?お子さんはもっと緊張や不安でいっぱいです。恩田歯科クリニックでは緊急性のある痛みがある場合を除いて、無理やり治療を行うことはしません。

無理やり治療する事でお子さんが歯医者に恐怖を抱いてしまい、トラウマとなってしまいます。その場限りの関係ではありません。かかりつけ医となって、お子さんと将来長くお付き合いすることが、お口の環境を守る上でも重要です。ですので、まずは“トレーニング”(お話をしたり、どんな器具を使うのか一緒に見たり触ったり等)をして、お子さんに歯医者は怖くないなーっと思ってもらってから治療を開始します。

保護者の方も、診療室に一緒にいてあげてOK

お子さんが頑張っている姿を、お母さんお父さんに見ていただいて、治療が終わった時に、「頑張ったね!偉いね!」とほめてもらうことが大切です。
きっと、両親からのその言葉が一番のご褒美と感じているかもしれません。

虫歯の予防って何するの?

虫歯治療だけでは、その場限りになってしまいます。
どうして、虫歯になっちゃったのか?原因を知ることが大切です。原因を知れば、そこを気を付けることで虫歯予防になりますよね。当院は、そういった治療だけでなく予防にも力を入れています。

歯磨き指導

歯磨きをする親子

磨き残しがあると、乳歯はとても弱いので、虫歯の進行がすごく早いです。小さい頃から磨き方を覚え、習慣づけさせることで、大人になった時も磨き方や磨く習慣が身についています。正しい歯磨きの仕方が虫歯予防の方法の一つです。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯磨き粉にも含まれているフッ素。これは、虫歯菌の働きを抑え、歯の質を強くする働きがあります。歯科医院で塗布するフッ素の濃度は、歯磨き粉に含まれているものよりも高いです。

しかし、フッ素を一度塗布してもすぐの効果は期待できません。長期に繰り返し塗布することで効果が出ます。ですので、3か月ごとを目安に塗布するとGoodです。ごく初期の虫歯であれば、再石灰化(溶かされた歯の表面が再び治ること)も期待できます。

シーラント

シーラント

歯の表面には、複雑で深い溝があります。奥歯は特にです。そこに食べ物などの汚れがたまったままになると虫歯になる可能性が高くなります。そこで、溝を特殊な材料で埋めることによって、溝をなくし汚れがとどまらないようにします。材料の中にはフッ素も含まれているため、持続的にフッ素の効果を与え続けられます。

シーラントの手順

  1. 1.歯の清掃前処理剤で、シーラントを埋める歯の清掃を行います。
  2. 2.薬の塗布シーラントを取れにくくする効果のある薬を歯に塗っていきます。
  3. 3.シーラントの流し込み噛み合わせの邪魔にならないように調整しながら、歯の溝にシーラントを流し込みます。
  4. 4.硬化シーラントを固めるために、光照射をします。この時点でほぼ完了となり、食事も可能です。

食育

子供における食育とは

元気に食べるこども

心身の健康の維持向上のため、また「おいしく味わって食べる」という行為そのもの、心の豊かさのために、食べることが大切です。子供の頃から「食」に関する取り組みを行うことが、将来の歯や顎、顔の成長に大きく影響します。それを健全な方向へ導くための考え方です。

「手づかみ食べは食事の練習」

離乳食が終わる時期から、子供の食事は多彩となります。スプーンフォークをうまく使えないこの時期は、何でもかんでも手づかみで、口いっぱいに突っ込み、ボロボロこぼします。これって、実は、「自分が飲み込める適正量」や「スプーンフォーク、お箸の便利さ」などを確かめて学んでいるんです。

「前歯でも咬む、奥歯で噛む」

人間の歯は前歯・奥歯でそれぞれ役割が違います。前歯は食べ物を咥えたり・切ったりする「咬む」もので、奥歯は食べ物をすりつぶす「噛む」ものです。役割が違うので、当然歯の形も違います。

全ての歯は全体がバランスよく生えていることによって、顎や顔のバランス、筋肉や骨格の成長にも大きく影響を与えます。成長期にある子供の歯に、もし虫歯があれば、他の歯の役割に負担を与え、顎や顔の成長にも悪影響が出るかもしれないのです。

「食べることは、子供の仕事」

たくさん食べて、しっかりした身体づくりをすることが、子供の仕事です。
もし虫歯が出来て食事がしみたり、根菜類や豆類などの固い食べ物が苦手になったりすると、偏食の原因を作りかねません。そして、一番の仕事の「食事」が楽しくなくなってしまいます。

うちの子、将来歯並び、大丈夫!?

歯のチェック

成人の矯正とはちょっと違います。「咬合誘導」ってご存知ですか?
子供には、もう顎の大きさや歯が完成している大人と違って、顎も生え変わる歯も成長の伸びしろがあります。

簡単に言うと、歯の生え変わりの時期に歯に隙間がない状態だと歯並びが悪くなるので、隙間を作る装置を使って、将来大人の歯が並ぶための隙間を作っていこうという予防的治療です。

小さい頃からお口の管理をすることで、歯並びが悪くなる兆候を早期に発見

子供の成長経過を定期検診などでチェックすることで、乳歯の時点で将来歯並びに問題が生じる事がある程度は予想できるのです。早期に判断できれば、対策もできるわけです。

対策として、顎の成長をコントロールする装置を口に入れて、歯が並ぶスペースを作ります。多くの子供は、歯が並ぶだけのスペースが存在しないです。もちろん、原因は色々ありますが、まずは歯が並ぶだけのスペースをなるべく確保してあげることで、将来、ちゃんと自然に並んでくれることもあるし、並びきらなかったとしても、成人矯正に移行した場合、子供の頃何もしなかったことに比べて、矯正の期間も費用も抑えられて成果も良いのです。

歯の生え変わりの時期から開始します

笑顔のこども

小学校1年生くらいから、小学校高学年くらいにかけて行います。一生に一度だけの、期間限定の予防処置です。
子供の成長期を利用して、顎の成長を促し、歯並びの問題を解決していくので、抜歯しないでも大丈夫なケースも多く、小さい処置で大きな効果が得られます。

他にもお子さんのことでわからないことがございましたら、当院歯科医師、または矯正医にご相談ください。

MENU
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 予防歯科
  • 予防補綴
  • 顎関節症
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 上下顎印象法による究極の総入れ歯
  • ドイツ式入れ歯
  • 噛み合わせ
  • 保険診療と自費診療
  • 当院の大切なパートナー 歯科技工所のご紹介
  • 医院ブログ
  • Instagram
  • 求人募集について
GuidanceGuidance

恩田歯科クリニック

〒270-2261
千葉県松戸市常盤平5-25-11
TEL.047-386-6482

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

◎…土曜は17時まで
休診…木・日・祝
※受付時間は診療時間の30分前まで

AccessAccess
  • 恩田歯科クリニック 地図
  • Google MapへGoogle Mapへ
InformationInformation