予防補綴Prevention Prosthesis

予防補綴

- 予防補綴 -Prevention Prosthesis

予防補綴

「自分のお口の中の状況、今のままでいいのかな?」
「歯が抜けたままだけど…このままでよいの?」

「入れ歯は入れてるけど、見た目もよくないし、残ってる自分の歯は大丈夫なのかな?」
「これ以上自分の歯を失いたくない…」

なんて、患者さまの多くが思っているはずです。

残っている歯を守る、悪くなる可能性の高い場所を悪くなるのを未然に防ぐ

「補綴(ほてつ)」とは、主に虫歯や歯周病などで、歯の一部、また全部を失い、口腔機能を果たせていない所に被せ物や入れ歯などをすることです。その補綴行為を予防的に行うことで、残っている歯を守る、悪くなる可能性の高い場所を悪くなるのを未然に防ぐ、ことを「予防補綴」といいます。

今の歯科界は国際的にも、治療を最小限にすることが良しとされています。(ミニマムインターベーション)
確かに、小さい虫歯に対して健康的な歯質も一緒に削るようなことはよくないです。

しかし、「治療を最小限にする」ことだけでは、お口の中の崩壊をとめられないのも事実です。
特にそれは、今の中高年の方に言えることです。

予防補綴

日本の歯科治療の多くは、悪くなってから治療するケースがほとんどです。悪くなってからでは、行える治療も治療結果の予後も制限されてしまいます。

今の状態を放置することで、将来的に歯を失う事が予測される場合“その時”が来るのを待つのではなく、悪くなる前に積極的に治療を行うことも重要だと考えます。

当院では、これ以上の歯の喪失を未然に防ぐ手立てとして、「予防補綴」を行っております。ご不明な点がありましたら、ご相談ください。

予防補綴の種類

クラウン

虫歯や長い年月をかけてすり減ってしまった歯を解剖学・機能学的に回復するためにかぶせる。

ブリッジ

虫歯や長い年月をかけてすり減ってしまった歯を解剖学・機能学的に回復するためにかぶせる。
同時に歯と歯の中間欠損がある場合はブリッジで回復する。

天然歯の移植

もしお口の中に使っていない親知らずや、その他の歯がある場合、それを他の使いたい部位へ移植して被せることで、条件によってはインプラントよりも安定して長期的に使用できる。

入れ歯

歯がまったくない、または一部ない場合、入れ歯により見た目と機能を回復する。

インプラント

歯が全くない、一部ない場合、骨の中にインプラント体を植え込むことで見た目と機能の両方を回復する。手術が必要。

MENU
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 予防歯科
  • 予防補綴
  • 顎関節症
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 上下顎印象法による究極の総入れ歯
  • ドイツ式入れ歯
  • 噛み合わせ
  • 保険診療と自費診療
  • 当院の大切なパートナー 歯科技工所のご紹介
  • 医院ブログ
  • Instagram
  • 求人募集について
GuidanceGuidance

恩田歯科クリニック

〒270-2261
千葉県松戸市常盤平5-25-11
TEL.047-386-6482

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

◎…土曜は17時まで
休診…木・日・祝
※受付時間は診療時間の30分前まで

AccessAccess
  • 恩田歯科クリニック 地図
  • Google MapへGoogle Mapへ
InformationInformation